筑波山自転車旅(2017年3月18日~3月19日) その2

3月19日(日)
791.jpg
朝5時頃目を覚まし、荷物をまとめてテントをたたんで
自転車に荷物を積み出発!!


792.jpg
まずは昨日上ってきた山道を下る。


793.jpg
早速昨日の激坂の続きが!!ずっと自転車を押して歩く。
う~ん・・・ガマ洞窟までの道のりは険しい・・・


794.jpg
ヘロヘロになりながら、筑波山のガマランドに到着!!
ガマガエルが石に片足かけてポーズをとってます。


796.jpg
お邪魔しま~す・・・
人の家の入口みたいで靴を脱ぎたくなる。

何とかマックスの人形も。


799.jpg


800.jpg


801.jpg


802.jpg
どうでしょう・・・?
中で80枚位写真を撮ったのに全部お見せできないのが残念!!


803.jpg
その後プレイコーナーに寄ってみた。
昔のデパートの屋上のようだ・・・
昭和レトロの匂いがプンプンして窒息しそうです!!


804.jpg
コアラの顔面が洞窟になってる。


805.jpg
ガマの背中のポケットにシマウマが!?
何という芸の細かさ!!


806b.jpg
こちらは滝の残骸です。


806.jpg
金ピカの石膏像がまぶしい。


807.jpg
廃墟と化したミステリーゾーン。


808.jpg
最後にジャンボスベリ台を滑ってみた。

無様にも何度もつっかえながら
やっと下にたどり着き、自転車にまたがる。
サイクリングの続きが始まります。


809.jpg
筑波山神社の近くにて。
投げ出されたマネキンの胴体が好奇心をかきたてます。


809b.jpg
「佐」。
漢字で書いても平仮名で書いても片仮名で書いても一文字のバス停。

珍名バス停はこちら。


810.jpg
逆にこちらは長ったらしい名前のバス停2連発!!

ちなみに右のは前まで「産総研」が「産技総合研」だったため、
日本一長い名前のバス停だったそうです。


811.jpg
つくばサイエンス・スクエアの「パロ」。
フラッシュたいたらまぶしそうにしていた。

子供にベタベタ触られて手垢で薄汚れているところがまた可愛い。


813.jpg
・・・・・。


814.jpg
この得体の知れない異様な物体は石筍という溶岩だそうです。


815.jpg
つくば市民ホールの前で戯れる裸の男女。
何もこんなところで・・・


816.jpg
ベランダもなければ目薬も落ちてきません。


817b.jpg 817c.jpg
つくばみらい市に立っている横断旗人形。

1年前はお腹がパッカリ開いていたが(右写真)、
今日見たら修繕されていた。


818.jpg
32÷3の答えのような地名。


819.jpg
流山総合運動公園に寄ってみた。
真っ暗な公園にトーテムポールがニョキニョキ生えていた。


819b.jpg
それでは独創性豊かなトーテムポールの数々を
じっくりご鑑賞下さい・・・


821a.jpg 821b.jpg
最後は流山市で見かけた「加」と「木」。
「久」、「毛」、「子」はありません。

この後、真っ暗ななか江戸川サイクリングロードを走り
家に辿り着きました。

スポンサーサイト



シジタビ

自転車旅の記録と訪れた珍スポットなどの紹介。

※当ブログの写真・文章の無断使用・転載を禁止します。

お問い合わせはこちらまで。

アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR