FC2ブログ

筑波山自転車旅(2017年3月18日~3月19日) その2

2017
03 /24 2017
3月19日(日)
791.jpg
朝5時頃目を覚まし、荷物をまとめてテントをたたんで
自転車に荷物を積み出発!!


792.jpg
まずは昨日上ってきた山道を下る。


793.jpg
早速昨日の激坂の続きが!!ずっと自転車を押して歩く。
う~ん・・・ガマ洞窟までの道のりは険しい・・・


794.jpg
ヘロヘロになりながら、筑波山のガマランドに到着!!
ガマガエルが石に片足かけてポーズをとってます。


796.jpg
お邪魔しま~す・・・
人の家の入口みたいで靴を脱ぎたくなる。

何とかマックスの人形も。


799.jpg


800.jpg


801.jpg


802.jpg
どうでしょう・・・?
中で80枚位写真を撮ったのに全部お見せできないのが残念!!


803.jpg
その後プレイコーナーに寄ってみた。
昔のデパートの屋上のようだ・・・
昭和レトロの匂いがプンプンして窒息しそうです!!


804.jpg
コアラの顔面が洞窟になってる。


805.jpg
ガマの背中のポケットにシマウマが!?
何という芸の細かさ!!


806b.jpg
こちらは滝の残骸です。


806.jpg
金ピカの石膏像がまぶしい。


807.jpg
廃墟と化したミステリーゾーン。


808.jpg
最後にジャンボスベリ台を滑ってみた。

無様にも何度もつっかえながら
やっと下にたどり着き、自転車にまたがる。
サイクリングの続きが始まります。


809.jpg
筑波山神社の近くにて。
投げ出されたマネキンの胴体が好奇心をかきたてます。


809b.jpg
「佐」。
漢字で書いても平仮名で書いても片仮名で書いても一文字のバス停。

珍名バス停はこちら。


810.jpg
逆にこちらは長ったらしい名前のバス停2連発!!

ちなみに右のは前まで「産総研」が「産技総合研」だったため、
日本一長い名前のバス停だったそうです。


811.jpg
つくばサイエンス・スクエアの「パロ」。
フラッシュたいたらまぶしそうにしていた。

子供にベタベタ触られて手垢で薄汚れているところがまた可愛い。


813.jpg
・・・・・。


814.jpg
この得体の知れない異様な物体は石筍という溶岩だそうです。


815.jpg
つくば市民ホールの前で戯れる裸の男女。
何もこんなところで・・・


816.jpg
ベランダもなければ目薬も落ちてきません。


817b.jpg 817c.jpg
つくばみらい市に立っている横断旗人形。

1年前はお腹がパッカリ開いていたが(右写真)、
今日見たら修繕されていた。


818.jpg
32÷3の答えのような地名。


819.jpg
流山総合運動公園に寄ってみた。
真っ暗な公園にトーテムポールがニョキニョキ生えていた。


819b.jpg
それでは独創性豊かなトーテムポールの数々を
じっくりご鑑賞下さい・・・


821a.jpg 821b.jpg
最後は流山市で見かけた「加」と「木」。
「久」、「毛」、「子」はありません。

この後、流山街道と江戸川サイクリングロードを走り
家に辿り着きました。

スポンサーサイト

筑波山自転車旅(2017年3月18日~3月19日) その1

2017
03 /22 2017
今週の週末は筑波山へ。
前から行ってみたかったガマ洞窟を見て、
つくば学園都市を回って帰ってこようと思います。

3月18日(土)
763.jpg
1日目の今日の予定は、
バス停→廃墟→バス停→獅子頭→野宿です。

それにしても寒い・・・


764.jpg
いきなり「ひょうたん」って唐突すぎる!
千葉県鎌ヶ谷市にあります。

珍名バス停はこちら。


765.jpg
根、根、根って何度も念を押さないで・・・


766.jpg
鉄柱だけ取り残されて持て余している。


767.jpg
「わかしらが」と読みます。若いのに真っ白。


768.jpg
取手市にあるひっそりとした池袋。
サンシャインもなければ「いけふくろう」もいません。


769.jpg
「そこのカップラーメン取って~」と言いたく
なりますが、日清食品の工場の煙突。


771.jpg
・・・と、いろいろ紹介しているうちに、
無事に今日1つ目の廃墟に到着!!


772.jpg
鍋から下駄、サンダルからハイヒールまでいろいろ揃ってます。


773.jpg
こちらは新聞、チラシの山。箒、ザル、脚立にトングまであります。


774.jpg
裸足で歩くのは危険ですのでやめましょう。


775.jpg
廃墟を鑑賞したあと、再び自転車にまたがり北へ。


776.jpg
蛇を喰うと書いてありますが、見世物小屋ではない。
「じゃばみ」と読みます。


777.jpg
さて、今日2つ目の廃墟に到着。


778.jpg
おー・・・これは・・・ 


779.jpg
机はあるのに椅子はない。


780.jpg
窓はあるのにガラスはない。


781.jpg
布団はあるのに枕はない。


782.jpg
おっと床が抜けて大怪我しそうです!
今日はこの辺で勘弁して下さい・・・


783.jpg
このあと少し遠回りして霞ヶ浦へ。
霞ヶ浦総合公園の風車です。


784.jpg
外にあるのに「在宅」という矛盾したバス停。


785.jpg
おーここだ!ここは外せない!!
石岡市の常陸風土記の丘にある巨大な獅子頭。

27インチの自転車もあんなに小さく見える・・・


785b.jpg
知らないおじいさんが口の中ではしゃいでます。


786.jpg
私も真似して獅子の口の中へ飛び込み、歯茎越しに公園を望む


787b.jpg
もうこんな時間だ。急がなくては・・・

後ろ髪を引かれながら、唐草模様の風呂敷被った
獅子舞の後姿に別れを告げるのだった・・・


788.jpg
子供が泣き出しそうなキツネの顔。
斜めに生やした前歯が怖い。


789.jpg
そろそろ道を逸れてテントを張る場所を探します。


790.jpg
山道を進むと行き止まりになったので、そこにテントを張る。

夜、寒いしビールはひっくり返すし小動物の気配はするし・・・
とまあいろいろあったが酒飲んだら寝てしまいました。

明日は筑波山のガマ洞窟へ。

シジタビ

自転車旅の記録と訪れた珍スポット、珍名バス停などの紹介。